TIFF 画像を追加

Java Cloud SDK を使用して TIFF 画像を組み合わせる

TIFF ファイルは、対応する JPEG ファイルよりもはるかに多くの画像データを保存します。これにより、その素晴らしい画質により、写真家に人気があります。主に可逆圧縮により、TIFF ファイルは元の画像のディテールと色深度を保持し、高品質のプロの写真に最適です。その印象的なディテールは、TIFF が手作りのアートワークや個人的なドキュメントのバックアップなど、高解像度のスキャンに最適であることを意味します。分散したチームで作業する場合、多数の TIFF 画像を生成し続けるため、TIFF 画像を結合する必要がある場合があります。このため、Java Cloud SDK を使用して TIFF ファイルをマージする方法の詳細を学習します。

TIFF API のマージ

Aspose.Imaging Cloud SDK for Java を開発しました。この機能は、ラスター、メタファイル、フォトショップ、およびその他の サポートされている形式 をさまざまな出力に編集、操作、および変換する機能をサポートしています。また、Java アプリケーション内で TIFF 画像を連結することもできます。したがって、その機能を利用するための最初のステップは、pom.xml (maven ビルド タイプ プロジェクト) に次の情報を含めて、Java プロジェクトにその参照を追加することです。

<repositories> 
    <repository>
        <id>aspose-cloud</id>
        <name>artifact.aspose-cloud-releases</name>
        <url>http://artifact.aspose.cloud/repo</url>
    </repository>   
</repositories>

<dependencies>
    <dependency>
        <groupId>com.aspose</groupId>
        <artifactId>aspose-imaging-cloud</artifactId>
        <version>22.4</version>
    </dependency>
</dependencies>

SDK 参照が追加されたら、クラウド ダッシュボード からクライアント資格情報の詳細を取得してください。Aspose Cloud ダッシュボード のアカウントを持っていない場合は、有効な電子メール アドレスから無料のアカウントを作成してください。新しく作成したアカウントを使用してログインし、Aspose Cloud Dashboard でクライアント ID とクライアント シークレットを検索/作成します。

Java で TIFF 画像を結合する

次に、Java コード スニペットを使用して tif ファイルを追加する方法について詳しく説明します。

  • まず、パーソナライズされたクライアント資格情報に基づいて ImagingApi のオブジェクトを作成します
  • 次に、readAllBytes(…) メソッドを使用して最初の TIFF イメージのコンテンツを読み取り、byte[] 配列に渡します。
  • 3 番目に、クラウド ストレージ上の TIFF の名前を指定する UploadFileRequest クラスのインスタンスを作成します。
  • uploadFile(…) メソッドを使用して、最初の TIFF 画像をクラウド ストレージにアップロードします。
  • 同じ手順を繰り返して、2 番目の TIFF 画像を読み取り、クラウド ストレージにアップロードします。
  • 次に、マージする TIFF 画像の名前を指定する AppendTiffRequest のオブジェクトを作成する必要があります。
  • ImagingAPI の appendTiff(…) メソッドを使用して TIFF マージ操作を開始します。
  • 結果のファイルはクラウド ストレージに保存されるため、DownloadFileRequest オブジェクトを使用して結合 tiff をダウンロードします。
// https://dashboard.aspose.cloud/ から ClientID と ClientSecret を取得します。
String clientId = "7ef10407-c1b7-43bd-9603-5ea9c6db83cd";
String clientSecret = "ba7cc4dc0c0478d7b508dd8ffa029845";

// イメージング オブジェクトの作成
ImagingApi imageApi = new ImagingApi(clientSecret, clientId);

// ローカル システムから最初の TIFF イメージをロードする
File file1 = new File("DeskewSampleImage.tif");
byte[] imageStream = Files.readAllBytes(file1.toPath());
			
// ファイル アップロード リクエスト オブジェクトの作成
UploadFileRequest uploadRequest = new UploadFileRequest("first.tiff",imageStream,null);
// 最初の TIFF 画像をクラウド ストレージにアップロードする
imageApi.uploadFile(uploadRequest);

// ローカル システムから 2 番目の TIFF イメージをロードする
File file2 = new File("resultant.tiff");
byte[] imageStream2 = Files.readAllBytes(file2.toPath());
			
// ファイル アップロード リクエスト オブジェクトの作成
UploadFileRequest uploadRequest2 = new UploadFileRequest("second.tiff",imageStream2,null);
// 2 番目の TIFF 画像をクラウド ストレージにアップロードする
imageApi.uploadFile(uploadRequest2);

// Tiff マージ リクエストの作成
AppendTiffRequest appendRequest = new AppendTiffRequest("first.tiff","second.tiff",null,null);

// TIFF 画像を連結し、結果のファイルをクラウド ストレージに保存する
imageApi.appendTiff(appendRequest);
	
// マージ TIFF をローカル ストレージにダウンロードする
DownloadFileRequest downloadFileRequest = new DownloadFileRequest("first.tiff", null, null);
// クラウド ストレージからバイト配列への TIFF コンテンツの読み取り
byte[] updatedImage = imageApi.downloadFile(downloadFileRequest);

// 更新されたイメージをローカル ストレージに保存する
FileOutputStream fos = new FileOutputStream("/Users/s4/Documents/" + "Merged-TIFF.tiff");
fos.write(updatedImage);
fos.close();
TIFFをマージ

TIFF 画像プレビューの連結

上記の例で使用されているサンプル TIFF イメージは、DeskewSampleImage.tif および second.tiff からダウンロードできます。最終マージ TIFF は Merged-TIFF.tiff からダウンロードできます。

cURL コマンドを使用して TIF ファイルを追加する

当社の SDK は REST アーキテクチャに従って構築されているため、プラットフォームに依存しないため、cURL コマンドを使用してコマンド ライン ターミナルから簡単にアクセスできます。したがって、このセクションでは、cURL コマンドを使用して tiff ファイルをマージする方法について詳しく説明します。最初のステップは、次のコマンドを使用して (クライアント資格情報に基づいて) JWT アクセス トークンを生成することです。

curl -v "https://api.aspose.cloud/connect/token" \
-X POST \
-d "grant_type=client_credentials&client_id=bb959721-5780-4be6-be35-ff5c3a6aa4a2&client_secret=4d84d5f6584160cbd91dba1fe145db14" \
-H "Content-Type: application/x-www-form-urlencoded" \
-H "Accept: application/json"

JWT トークンの生成後、次のコマンドを実行して TIFF 画像をマージする必要があります。

curl -v -X POST "https://api.aspose.cloud/v3.0/imaging/tiff/first.tiff/appendTiff?appendFile=second.tiff" \
-H  "accept: application/json" \
-H  "authorization: Bearer <JWT Token>" \
-o Combined.tiff

結論

この記事では、Java コード スニペットまたは cURL コマンドを使用してオンラインで TIFF 画像を結合するためのすべての詳細を説明しました。 API の有望な機能をテストするもう 1 つの方法は、SwaggerUI を使用することです。SDK のソース コードを変更する場合は、GitHub からダウンロードできます (すべての Cloud SDK は MIT の下で開発されています)。ライセンス)。

それにもかかわらず、製品ドキュメント は、API が提供する他のエキサイティングな機能について学ぶための素晴らしい情報源です。 製品サポート フォーラム

関連記事

詳細については、次のリンクを参照してください。