pdf から jpg

Java クラウド SDK を使用して pdf を jpg に変換する

PDF ファイルは、情報とデータ共有のためにインターネット上で広く使用されています。これらのドキュメントを表示するには、特定のアプリケーションを使用する必要がありますが、PDF を JPG として保存すると、任意のプラットフォームとデバイスで表示できます。また、ファイルのサイズが大幅に縮小されます。さらに、PDFを画像として保存すると、その画像を任意のブラウザーにロードできるため、PDFビューアーを簡単に開発できます。したがって、この記事では、Cloud API を使用してオンラインで PDF を JPG に変換する詳細について説明します。

PDF から JPG への変換 API

Aspose.PDF Cloud SDK for Java は、Java アプリケーション内で PDF ファイルの作成、操作、さまざまな サポートされているフォーマット への変換を実装できる素晴らしい製品です。また、PDF を画像に変換することもできます。そのため、SDK を使用するには、まず maven ビルド タイプ プロジェクトの pom.xml に次の詳細を追加してインストールする必要があります。

<repositories>
    <repository>
        <id>AsposeJavaAPI</id>
        <name>Aspose Cloud Repository</name>
        <url>https://repository.aspose.cloud/repo/</url>
    </repository>
</repositories>

<dependencies>
    <dependency>
		<groupId>com.aspose</groupId>
		<artifactId>aspose-pdf-cloud</artifactId>
		<version>21.11.0</version>
	</dependency>
</dependencies>

Aspose.Cloud ダッシュボード にアクセスして、無料のアカウントを作成する必要があります。既存の GitHub または Google アカウントを使用してサインアップするか、Create a new Account ボタンをクリックしてサブスクリプションを完了します。

JavaでPDFをJPGに変換

オンラインで PDF を JPG に変換するための要件を達成するには、以下の指示に従ってください。

  • まず、Client ID Client Secret を引数として提供する PdfApi クラスのインスタンスを作成します。
  • 次に、File オブジェクトを使用してローカル ドライブから入力 PDF のコンテンツを読み取ります。
  • uploadFile(…) メソッドを使用して、入力 PDF ファイルをクラウド ストレージにアップロードします。
  • 結果のjpg画像の寸法を定義します(これらはオプションの引数です)
  • 最後に、PdfApi の putPageConvertToJpeg(…) メソッドを呼び出します。このメソッドは、入力 PDF、変換するページ番号、結果の JPG 名、結果の画像のサイズを受け取ります。
// その他の例については、https://github.com/aspose-pdf-cloud/aspose-pdf-cloud-java をご覧ください。

try
    {
    // https://dashboard.aspose.cloud/ から ClientID と ClientSecret を取得します。
    String clientId = "bbf94a2c-6d7e-4020-b4d2-b9809741374e";
    String clientSecret = "1c9379bb7d701c26cc87e741a29987bb";
    
    // PdfApi のインスタンスを作成する
    PdfApi pdfApi = new PdfApi(clientSecret,clientId);

    // 入力 PDF ドキュメントの名前
    String inputFile = "45.pdf";
    // 結果のJPG画像の名前
    String resultantImage = "Resultant.jpg";
  
    // 入力PDFファイルの内容を読む
    File file = new File("c://Users/"+inputFile);
    
    // PDFをクラウドストレージにアップロード
    pdfApi.uploadFile("input.pdf", file, null);
        
    // 変換するPDFのページ番号
    int pageNumber = 1;
  
    // 結果のJPG画像の幅
    int width = 800;
    // 結果のJPG画像の高さ
    int height = 1000;
  
    // PDF から JPG への変換用の API を呼び出す
    pdfApi.putPageConvertToJpeg("input.pdf", pageNumber, resultantImage, width, height, null, null);
    
    // 変換ステータス メッセージの出力
    System.out.println("PDF to JPG conversion sucessfull !");
		}catch(Exception ex)
		{
			System.out.println(ex);
		}

cURL コマンドを使用した PDF から画像へ

コマンドライン端末で cURL コマンドを使用して、PDF を画像形式に変換することもできます。ただし、Aspose.PDF Cloud にアクセスするには、最初に個々のクライアント資格情報に基づいて JSON Web Token (JWT) を生成する必要があります。以下のコマンドを実行して JWT トークンを生成してください。

curl -v "https://api.aspose.cloud/connect/token" \
-X POST \
-d "grant_type=client_credentials&client_id=bbf94a2c-6d7e-4020-b4d2-b9809741374e&client_secret=1c9379bb7d701c26cc87e741a29987bb" \
-H "Content-Type: application/x-www-form-urlencoded" \
-H "Accept: application/json"

JWT が生成されたら、次のコマンドを実行して PDF を画像に変換し、出力をクラウド ストレージに保存してください。

curl -v -X PUT "https://api.aspose.cloud/v3.0/pdf/input.pdf/pages/1/convert/jpeg?outPath=resultant.jpg&width=800&height=1000" \
-H  "accept: application/json" \
-H  "authorization: Bearer <JWT Token>"

結論

このブログでは、Java コード スニペットを使用して PDF を JPG に変換する素晴らしいスキルを学びました。同様に、コマンド ライン ターミナルを介して JPG を JPG として保存するための cURL コマンドについても学習しました。製品ドキュメントは、API が提供するその他の素晴らしい機能を学ぶための優れた情報源です。 API の使用中に問題が発生した場合は、無料の製品サポート フォーラム までお気軽にお問い合わせください。

関連記事

以下の詳細については、次のブログも参照することをお勧めします。