PSD から JPG

JavaでPSDをJPGに変換

特に Adobe Photoshop ユーザーであれば、拡張子が .psd のファイルを見たことがあるかもしれません。さらに、Photoshop ドキュメントは画像データの保存と作成のための強力なツールであるため、デザイナーやアーティストによって最も一般的に使用されています。これは Adobe Photoshop のネイティブ ファイル形式であり、Adobe Illustrator や Inkscape などのプログラムを使用してこれらのファイルを開くことができます。ただし、このようなファイルをインターネット経由で共有する場合、これらのプログラムは商用ソフトウェアであるため、すべてのユーザーがこれらのプログラムをインストール/構成しているわけではありません。さらに、PSD ファイルを Web ブラウザー内で表示することはできないため、この記事では、PSD を JPG に変換して、モバイルまたは PC で Photoshop なしで PSD ファイルを表示する方法について詳しく説明します。 ] フォーマット。

PSD から JPG への変換 API

PSD から JPG フォーマットへの変換には、Aspose.Imaging Cloud SDK for Java を使用します。これにより、Java アプリケーション内で画像処理および変換機能を実装できます。したがって、この SDK の助けを借りて、ラスター、メタファイル、Photoshop をさまざまな サポートされている形式 にプログラムで編集、操作、変換する機能を利用できます。 SDK の使用を開始するには、pom.xml (maven ビルド タイプ プロジェクト) に次の情報を含めて、Java プロジェクトにその参照を追加する必要があります。

<repositories> 
    <repository>
        <id>aspose-cloud</id>
        <name>artifact.aspose-cloud-releases</name>
        <url>http://artifact.aspose.cloud/repo</url>
    </repository>   
</repositories>

<dependencies>
    <dependency>
        <groupId>com.aspose</groupId>
        <artifactId>aspose-imaging-cloud</artifactId>
        <version>22.4</version>
    </dependency>
</dependencies>

Aspose Cloud Dashboard に登録済みの場合は、Cloud Dashboard からクライアント資格情報を取得してください。それ以外の場合は、最初に有効なメール アドレスを使用して無料アカウントを登録する必要があります。

JavaでPSDをJPGに変換

このセクションでは、Java コード スニペットを使用して Photoshop を JPG に変換する方法について詳しく説明します。

  • まず、パーソナライズされたクライアント資格情報を使用して ImagingApi のオブジェクトを作成します。
  • 次に、readAllBytes(…) メソッドを使用して PSD ファイルを読み取り、byte[] 配列に渡します。
  • 3 番目に、入力 PSD 名を渡す UploadFileRequest のインスタンスを作成し、uploadFile(…) メソッドを使用してクラウド ストレージにアップロードします。
  • ここで、入力 PSD と結果のフォーマット jpg を指定する ConvertImageRequest のオブジェクトを作成します。
  • メソッド convertImage(…) を呼び出して PSD を PNG 形式に変換すると、結果が応答ストリームとして返されます。
  • 最後に、FileOutputStream オブジェクトを使用して、結果の JPG をローカル ドライブに保存します。
// https://dashboard.aspose.cloud/ から ClientID と ClientSecret を取得します。
String clientId = "7ef10407-c1b7-43bd-9603-5ea9c6db83cd";
String clientSecret = "ba7cc4dc0c0478d7b508dd8ffa029845";

// イメージング オブジェクトの作成
ImagingApi imageApi = new ImagingApi(clientSecret, clientId);

// ローカル システムから PSD 画像を読み込む
File file1 = new File("FilterEffectSampleImage.psd");
byte[] imageStream = Files.readAllBytes(file1.toPath());
			
// ファイル アップロード リクエスト オブジェクトの作成
UploadFileRequest uploadRequest = new UploadFileRequest("source.psd",imageStream,null);
// PSDファイルをクラウドストレージにアップロード
imageApi.uploadFile(uploadRequest);

// 画像の出力形式を指定する
String format = "jpg";

// 画像変換リクエスト オブジェクトの作成
ConvertImageRequest convertImage = new ConvertImageRequest("source.psd", format, null, null);
// PSD を JPG に変換し、応答ストリームで画像を返す
byte[] resultantImage = imageApi.convertImage(convertImage);

// 結果のJPG画像をローカルストレージに保存します
FileOutputStream fos = new FileOutputStream("/Users/nayyer/Documents/" + "Converted.jpg");
fos.write(resultantImage);
fos.close();

上記の例で使用されているサンプルの PSD イメージは、FilterEffectSampleImage.psd からダウンロードできます。

psdからjpg

画像:- PSD から JPG への変換プレビュー

cURL コマンドを使用して Photoshop を JPG に変換する

Aspose.Imaging Cloud は REST アーキテクチャに従って開発されているため、どのプラットフォームでもコマンド ライン ターミナル経由で API に簡単にアクセスでき、要件を満たすことができます。したがって、前提条件として、最初に次のコマンドを使用して (クライアント資格情報に基づいて) JWT アクセス トークンを生成する必要があります。

curl -v "https://api.aspose.cloud/connect/token" \
-X POST \
-d "grant_type=client_credentials&client_id=bb959721-5780-4be6-be35-ff5c3a6aa4a2&client_secret=4d84d5f6584160cbd91dba1fe145db14" \
-H "Content-Type: application/x-www-form-urlencoded" \
-H "Accept: application/json"

JWT トークンが生成されたら、次のコマンドを実行して、photoshop を jpg 形式に変換してください。

curl -v -X GET "https://api.aspose.cloud/v3.0/imaging/source.psd/convert?format=jpg" \
-H "accept: application/json" \
-H "authorization: Bearer <JWT Token>" \
-o Resultant.jpg

結論

この記事では、Java コード スニペットを使用して PSD を JPG に変換する方法について、驚くべき詳細を説明しました。同様に、コマンド ライン ターミナルから cURL コマンドを使用して、Photoshop を JPEG に変換するオプションも調査しました。 API の機能は、Web ブラウザー内で SwaggerUI を使用して簡単にテストできます。 Cloud SDK の完全なソース コードは GitHub (MIT ライセンスの下) で入手できるので、都合に合わせてダウンロードして変更することを検討してください。

それにもかかわらず、製品ドキュメント は、API が提供する他のエキサイティングな機能について学ぶための素晴らしい情報源です。 製品サポート フォーラム

関連記事

詳細については、次のリンクを参照してください。