JPG を Word に変換する

Java Cloud SDK を使用して JPG を Word に変換する

ラスター イメージは、保存用に圧縮され、Web 用に最適化されているため、写真の編集やデジタル ペインティングの作成に最適です。デジタル カメラ、光学スキャナーなど、私たちの日常生活に欠かせないガジェットの多くは、JPEGPNG、および GIF 画像を含む一般的なラスター ファイルの種類であり、この記事では、 JPG を Word に変換する方法の詳細について説明します。 JPEG を Word に変換する理由は、JPG 画像のコレクションを 1 つのドキュメントに結合し、公式アーカイブに保存する必要がある場合があるためです。それでは、Java Cloud SDK を使用して JPG から Word へのコンバーターを開発する方法について詳しく見ていきましょう。

JPG から Word への変換 API

当社の受賞歴のある製品 Aspose.Word Cloud は、ロー コード API であり、Word ドキュメントを作成、編集、およびサポートされているさまざまな形式に変換する機能を提供する信頼性の高いソリューションです。 Java アプリケーションで Word ドキュメント操作機能を実装することを検討している場合、Aspose.Words Cloud SDK for Java は素晴らしい選択です。そのため、ソフトウェアや MS Office オートメーションを使用しなくても、プログラムでクラウド内の MS Word ドキュメントを生成、編集、変換できます。 SDK の使用を開始するには、プロジェクトに Cloud SDK リファレンスを追加する必要があります。そのため、maven ビルド タイプ プロジェクトの pom.xml に次の詳細を追加してください。

<repositories> 
    <repository>
        <id>aspose-cloud</id>
        <name>artifact.aspose-cloud-releases</name>
        <url>http://artifact.aspose.cloud/repo</url>
    </repository>   
</repositories>

<dependencies>
    <dependency>
        <groupId>com.aspose</groupId>
        <artifactId>aspose-words-cloud</artifactId>
        <version>22.8.0</version>
    </dependency>
</dependencies>

SDK を使用するには、Aspose Cloud でユーザーを認証する必要があります。したがって、既存のアカウントをお持ちでない場合は、有効なメール アドレスを使用して無料のアカウントを作成してください。次に、新しく作成したアカウントを使用してログインし、クラウド ダッシュボード でクライアント ID とクライアント シークレットを検索/作成します。これらの詳細は、以降のセクションで認証を行うために必要です。

JavaでJPGをWordに変換する

このセクションでは、Java Cloud SDK を使用して JPG から Word へのコンバーターを開発する方法について詳しく説明します。以下の指示に従ってください。

  • まず、ClientID と Client secret を引数に渡して WordsApi オブジェクトのオブジェクトを作成してください。
  • 次に、新しい Word 文書の名前を必要とする CreateDocumentRequest のオブジェクトを作成します。
  • 3 番目に、空白の Word ドキュメントを作成し、createDocument(…) メソッドを使用して Cloud Storage にアップロードします。
  • 次のステップは、DrawingObjectInsert のオブジェクトを作成して、描画オブジェクトを Word 文書内に配置できるようにすることです。
  • 描画オブジェクトの余白、寸法、配置情報を設定する
  • イメージ ファイルをローカル ドライブから ByteArray に読み込む
  • 次に、入力 Word ファイル名とノードの詳細を提供して、描画オブジェクトを保持する InsertDrawingObjectRequest のオブジェクトを作成します。
  • 最後に、insertDrawingObject(…) メソッドを呼び出して Word ドキュメント内に Drawing オブジェクトを挿入し、出力を Cloud Storage に保存します。
// その他のコード スニペットについては、https://github.com/aspose-words-cloud/aspose-words-cloud-java をご覧ください。

try
      {
	// https://dashboard.aspose.cloud/ から ClientID と ClientSecret を取得します。
	String clientId = "7ef10407-c1b7-43bd-9603-5ea9c6db83cd";
	String clientSecret = "ba7cc4dc0c0478d7b508dd8ffa029845";
	  
	// WordsApi のオブジェクトを作成する
        // baseUrl が null の場合、WordsApi はデフォルトの https://api.aspose.cloud を使用します
        WordsApi wordsApi = new WordsApi(clientId, clientSecret, null);
  
        // 新しい Word 文書のインスタンスを作成する
        CreateDocumentRequest createRequest = new CreateDocumentRequest("input.docx", null, null);
        // 空白の Word 文書を作成してクラウド ストレージに保存する
        wordsApi.createDocument(createRequest);
        
        // 描画オブジェクトを作成
        DrawingObjectInsert requestDrawingObject = new DrawingObjectInsert();
        // 描画オブジェクトの高さ情報を設定
        requestDrawingObject.setHeight((double)0);
        // 描画オブジェクトの左余白の詳細を設定する
        requestDrawingObject.setLeft((double)0);
        // 描画オブジェクトの上余白の詳細を設定する
        requestDrawingObject.setTop((double)0);
        // 描画オブジェクトの幅情報を設定する
        requestDrawingObject.setWidth((double)0);
        // 図面インスタンスの水平方向の位置合わせを設定
        requestDrawingObject.setRelativeHorizontalPosition(DrawingObjectInsert.RelativeHorizontalPositionEnum.MARGIN);
        // 図面インスタンスの垂直方向の位置合わせを設定
        requestDrawingObject.setRelativeVerticalPosition(DrawingObjectInsert.RelativeVerticalPositionEnum.MARGIN);
        // ラップ タイプの詳細をインラインとして設定する
        requestDrawingObject.setWrapType(DrawingObjectInsert.WrapTypeEnum.INLINE);

        // 入力JPG画像を読み込む
        byte[] requestImageFile = Files.readAllBytes(Paths.get("Tulips.jpg").toAbsolutePath());
        
        // 描画オブジェクトが配置されるノードを定義する InsertDrawingObject へのインスタンスを作成します
        InsertDrawingObjectRequest request = new InsertDrawingObjectRequest("input.docx", requestDrawingObject, 
	    requestImageFile, "sections/0", null, null, null, null, null, "Resultant.docx", null, null);
        
	// Word文書内にJPG画像を保持する描画オブジェクトを挿入する
        wordsApi.insertDrawingObject(request);
        
        System.out.println("JPG to Word Conversion completed !");
	}catch(Exception ex)
	{
	    System.out.println(ex);
	}
JPG から ワード

Image1:- JPG から Word へのプレビュー

上記の例で使用したサンプル ファイルは、Tulips.jpeg および Resultant.docx からダウンロードできます。

cURLコマンドを使用してJPGからDOCへ

このセクションでは、cURL コマンドを使用して JPG を DOC に変換します。コマンド ライン ターミナルから REST API にアクセスできるようにするため、cURL コマンドを使用しています。このアプローチの前提条件として、まず、次のコマンドを実行しながら、(クライアント資格情報に基づいて) JWT アクセス トークンを生成する必要があります。

curl -v "https://api.aspose.cloud/connect/token" \
-X POST \
-d "grant_type=client_credentials&client_id=bb959721-5780-4be6-be35-ff5c3a6aa4a2&client_secret=4d84d5f6584160cbd91dba1fe145db14" \
-H "Content-Type: application/x-www-form-urlencoded" \
-H "Accept: application/json"

JWT トークンを取得したら、次のステップは、次のコマンドを使用して空白の Word ドキュメントを作成することです。

curl -v -X PUT "https://api.aspose.cloud/v4.0/words/create?fileName=input.docx" \
-H  "accept: application/json" \
-H  "Authorization: Bearer <JWT Token>"

空白の Word ドキュメントが生成されたので、DOCX ファイル内に JPG 画像を含む Drawing オブジェクトを挿入する必要があります。

curl -v -X POST "https://api.aspose.cloud/v4.0/words/input.docx/sections/0/drawingObjects?destFileName=resultant.docx" \
-H  "accept: application/json" \
-H  "Authorization: Bearer <JWT Token>" \
-H  "Content-Type: multipart/form-data" \
-d {"drawingObject":"{  \"RelativeHorizontalPosition\": \"Margin\",  \"Left\": 0,  \"RelativeVerticalPosition\": \"Margin\",  \"Top\": 0,  \"Width\": 0,  \"Height\": 0,  \"WrapType\": \"Inline\"}","imageFile":{"Tulips.jpg"}}

結論

この記事では、Java Cloud SDK を使用して JPG を Word に変換する詳細について学びました。コード スニペットとは別に、cURL コマンドを使用して JPG を DOC に変換するオプションも検討しました。製品 ドキュメンテーション は、この API の機能をさらに説明する一連の驚くべきトピックで強化されています。さらに、すべての Cloud SDK は MIT ライセンスの下で公開されているため、GitHub から完全なソース コードをダウンロードして、要件に応じて変更することを検討してください。問題が発生した場合は、無料の 製品サポート フォーラム から迅速な解決策を得ることができます。

関連記事

詳細については、次のリンクを参照してください。